ブログ

セクシャルハラスメント<1>~定義と類型~

セクシャルハラスメント<1>~定義と類型~

■法律上の定め

セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)についての定義は、法律上は、雇用機会均等法11条1項に定められているのみです。規定の内容も、事業主に対する措置義務という形になっています。

雇用機会均等法11条1項
「事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない」

同項で使われている言葉の意味は以下のとおりです。

  1. 「職場」:事業主が雇用する労働者が業務を遂行する場所。
  2. 「労働者」:事業主が雇用する労働者全てをいい、派遣労働者等も含む。
  3. 「性的言動」:労働者の意に反する性的言動。

■条約上の定め

 また、国際労働機関(ILO)で採択された、「仕事の成果における暴力とハラスメント」に関する条約(ハラスメント禁止条約)においては、
①「仕事の成果における『暴力とハラスメント』とは、一回性のものであれ繰り返されるものであれ、身体的、精神的、性的または経済的危害を目的とするか引き起こす、またはそれを引き起こす可能性のある、許容しがたい広範な行為と慣行、またはその脅威をいい、ジェンダーに基づく暴力とハラスメントを含む」と定義されており、
②客体としては、「この条約は、都市か地方にかかわらず、フォーマル経済およびインフォーマル経済の双方におけるあらゆるセクターの労働者、国内法および慣行で定義された被雇用者、契約上の地位にかかわらず労働する者、実習生および研修生を含む訓練中の者、雇用が終了した労働者、ボランティア、求職者および就職志望者を含むその他の者について適用する」とされ、
③加害者は「国内法および慣行に即したクライアント、顧客、サービス事業者、利用者、患者、一般の人々を含む第三者」とされています。

■類型

セクハラには、対価型セクハラと環境型セクハラの2つの類型があるとされています。
対価型セクハラとは、職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応により、当該労働者が解雇、降格、減給等の作為のみならず、昇進の機会が与えられないというような不作為も含めて、不利益を受けることをいいます。
環境型セクハラとは、職場において行われる労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じる等当該労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることをいいます。

関連記事

  1. テレワークの導入と働き方改革
  2. マタニティハラスメント<1>~定義及び類型~
  3. 信濃毎日新聞の一面に掲載「発信者情報開示 解決の壁」
  4. 取材掲載記事
  5. 同一労働同一賃金の判例~その1~
  6. 弁護士ドットコムより取材掲載
  7. テレワークの導入と規定整備:テレワーク導入に伴う情報漏洩リスクと…
  8. 同一労働同一賃金の判例~その3~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP