ブログ

テレワークの導入と助成金

厚生労働省では、「働き方改革推進支援助成金」(※令和元年度までは「時間外労働等改善助成金」に名称変更予定)に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースが時限的に設けられています。

■助成の対象として、
 ・テレワーク用通信機器(※)の導入・運用
 ・就業規則・労使協定等の作成・変更
 ・労務管理担当者に対する研修
 ・労働者に対する研修、周知・啓発
 ・外部専門家によるコンサルティング 等
が挙げられております。

■主な要件として、事業実施期間中に
 ・助成対象の取組を行うこと
 ・テレワークを実施した労働者が1人以上いること
が挙げられております。

★助成の対象となる事業の実施期間
 令和2年2月17日~5月31日

■補助率:1/2(1企業当たりの上限額:100万円)

今般の新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でテレワーク導入が検討、実施され、今後の会社での多様な働き方にパラダイムシフトが起きつつあると考えられます。
上記助成金もテレワーク導入のための大きな一助となります。

当事務所では、多様な働き方推進による人事労務管理のサポートの一環として、就業規則・労使協定等の作成・変更、労務管理担当者に対する研修、労働者に対する研修、周知・啓発、コンサルティングを包括的にご依頼いただいております。
リモートワーク推進をお考えの使用者様はお気軽にご連絡をください。

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 取材掲載記事
  2. 同一労働同一賃金の判例~その4~
  3. 従業員の退職に伴う競業避止義務について
  4. 事務所開設1周年
  5. 同一労働同一賃金の判例~その3~
  6. セクシャルハラスメント<1>~定義と類型~
  7. 弁護士ドットコムより取材掲載
  8. 退職強要・真意ではない退職の意思表示をしてしまった場合について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP